受付時間 月〜土 8:00~18:00(日曜定休)

外壁塗装の広告で見かけるハイブリッド塗装のメリットデメリットとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

外壁塗装のご検討中のあなたへ。

おそらくこのページにたどり着かれるまでに、5件くらいの外壁塗装のホームページやブログをご覧になったのではありませんか?

 

そして、外壁塗装のホームページやブログを見た後は、どこか別のサイトへ移動しても、ページの横とか下とかに「外壁塗装」の広告が出現したのではないかと思います。

 

外壁塗装の検討をしはじめると、失敗したくありませんし、どの業者を選べばいいのかわからないので、あちこち見てしまうものなんです。そしてあちこち見て回っているときに「ハイブリッド塗装」という言葉に出会い、検索し、このページにたどり着かれたのではないでしょうか。

 

そんなあなたに、外壁塗装を親子3代にわたってやっているニュータイトが、あなたが疑問に感じた「ハイブリッド塗装」についてお話していきます。

 

1: 外壁塗装の広告で見かけるハイブリッド塗装って?

ハイブリッドって言葉、塗装意外にも聞くことがありますね。

 

例えば、トヨタのプリウスは「ハイブリッドカー」と呼ばれています。

また、最近では、こんなハイブリッドも登場しているようです。

 

  • ハイブリッド加湿器
  • ハイブリッドダウンパーカ
  • ハイブリッド放送
  • ハイブリッドロケット

 

これらをまとめて考えてみるとわかってきます。

ハイブリッドとは、

 

異なる特性を持つものを2つ以上組み合わせたもの

 

従いまして、ハイブリッド塗料とは、2つ以上の特性を持つ塗料を組み合わせたものだということです。

 

では、どのような特性をもつ塗料を組み合わせたのかというと、

 

  • 有機塗料
  • 無機塗料

 

この2つの長所を組み合わせ、お互いの短所を補完するように開発された塗料なのです。

 

2: 外壁塗装で使われる有機塗料と無機塗料とは

では、ハイブリッド塗料の元となっている、有機塗料と無機塗料それぞれの特性を見ておきましょう。

(1)有機塗料の特性

有機塗料は、外壁塗装で一般的に使われている塗料です。

外壁塗装で耳にすることの多い、

 

  • ウレタン
  • アクリル
  • シリコン
  • フッ素

 

このような塗料はすべて、石油などから作られた有機塗料なのです。

 

■有機塗料のメリット

  • 費用が安め

たくさん出回っていますので、価格はお手頃なものが多いです。

 

  • 多くの業者が塗装できる

従来からある塗料なので経験者が多いです。

 

  • バリエーションが豊富

色や艶など、バリエーションをつけやすいです。

 

  • ほとんどの外壁に塗れる

外壁の塗り替えを行う場合、すでに塗られている塗料の多くが有機塗料なので、その上に塗装することができます。

 

  • ひび割れにつよい

柔軟性がありますので、ひび割れに強い傾向があります。

 

■有機塗料のデメリット

  • 耐久性が長くない

長くないと言いましても15年くらいもつものもありますが、無機塗料と比べると長くないということです。

 

  • 耐火性が低い

これも「すぐ燃えます」ということではありません。無機塗料と比べると低いということです。

 

  • 汚れがつきやすい

塗装の固さに理由があります。有機塗料は無機塗料に比べて柔らかいので、汚れがつきやすいです。

(2)無機塗料の特性

無機塗料とは、鉱物で出来た塗料です。鉱物が使われているので固く汚れにも強いのが特徴です。

 

■無機塗料のメリット

  • 紫外線などに強い

鉱物なので劣化しにくいです。

 

  • 汚れに強い

固いので汚れがつきにくいです。

 

  • 耐火性が高い

鉱物は火に強いです。キャンプなどで火の中に石を放り込んでも、燃えないですよね。あれと同じイメージです。

 

■無機塗料のデメリット

  • 費用が高め

まだまだ普及していないのと、正しく使える業者が少ないからですね。

 

  • 良いのかどうかわかりづらい

事例なども少ないので、お客様としてはわかりづらいと思います。

ニュータイトの場合は、がんばって勉強して使わせていただいていますので、事例を見て検討してもらえます。

 

  • 塗れない壁がある

外壁の塗り替えで、今の外壁に塗られている塗料の種類によっては、無機塗料が塗れないことがあります。

 

  • 艶が消せない

少しくらいなら大丈夫なのですが、有機塗料のように完全な艶消しなどは難しいです。

ということで、有機塗料と無機塗料について見てきましたが、これらの長所を組み合わせ、お互いの短所を補うように作られているのが

 

ハイブリッド塗料

 

ということになります。

 

鉱物の特性を生かし、固くて汚れにくく、耐火性も高い。でも、ひび割れしにくく使いやすい塗料ということです。

 

では、もう少し細かくハブリッド塗料のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

3: 外壁塗装でハイブリッド塗料を選ぶメリットデメリット

■メリット

(1)耐用年数が長い

無機塗料の特性によって紫外線や熱に強いため、これまでの塗料よりも長持ちするケースが多いです。

 

一般的な有機塗料なら8年~10年、長くて15年くらいですが、ハイブリッド塗料なら20年~30年もつ製品もあります。

 

(2)ひび割れしにくい

無機塗料は良いけれど、固いのでひび割れしやすい。

このようなデメリットを解消しています。

 

(3)汚れにくい

無機塗料は固いので汚れにくいです。その特性を生かすことで、ハイブリッド塗料も汚れがつきにくい作りになっています。

また、汚れにくいので外壁の光沢も維持されやすくなります。

 

(4)熱に強い

室内への熱の侵入を軽減します。

また、万が一の火事でも燃えにくい性質を持っています。

 

■デメリット

(1)塗れる業者が少ない

そうなんです。まだまだ新しい塗料なので、正しく塗れる業者は少ないです。

ハイブリッド塗料を検討される場合は、業者に施工事例があるか聞いておきましょう。

 

(2)費用が高め

高品質な塗料なので費用が高めです。

でも、耐久性が高いので、有機塗料なら2回塗り替えるところを、ハイブリッド塗料なら1回で済む可能性が高いので、結果的にはお安くなるかもしれません。

 

4: 外壁塗装でハイブリッド塗装を選ぶポイント

ハイブリッド塗装を選ぶポイントですが、

 

  • 外壁がきれいな状態で長くもってほしい
  • 汚れがつきにくいのがいい
  • 室内の熱効率を考えたい

 

こういった方には、ハイブリッド塗料は向いています。

反対に、

 

  • 安くしたい
  • できるだけ安くしたい
  • ぜったいに安くしたい
  • 塗料の種類なんて気にしない

 

という方には、ハイブリッド塗料は向いていませんので、有機塗料を検討されるのが良いかと思います。

 

5: まとめ

ハイブリッド塗料は、新しい塗料なので正しく工事をできる業者は多くありません。

また、未熟な技術で使うと、耐久性や仕上がりに影響しますので、かならず工事依頼を考えておられる業者さんが、ハイブリッド塗料について勉強しているか確認しておきましょう。

 

もし、まわりに勉強していそうな業者さんが見あたらない場合は、私たちニュータイトまでご相談ください。

あなたのご要望を丁寧に聞きながら、住宅塗装の専門家として最適なご提案をさせていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です