受付時間 月〜土 8:00~18:00(日曜定休)

外壁塗装をローンで払いたい!できるの?できないの?そんな疑問にお答えします!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

そろそろ外壁塗装をやらなくちゃ」と考えているけれど、修繕に必要な費用を今すぐ用意するのは難しい。

 

外壁塗装には、まとまったお金が費用になります。だからこそ、どのような方法で支払えばご自身の負担が少しで楽になるのかを知っておかないといけません。

 

また、外壁が痛んでいるけれど、今すぐ払えそうにないから、お金が貯まってからにしよう。

そんな風に考えられる堅実な方もいらっしゃいますが、このような場合、外壁の痛み具合によっては「ひび割れ」「雨漏り」が進んでしまい先延ばしにすることで結局は費用が高くなることもあります。

 

ということで、外壁塗装にはお金が関係していますので今回はローンを利用できるのか、他の払い方はないのかなど、あなたの負担が少しでも楽になることを願ってお話していきたいと思います。

 

1: 外壁塗装でローンは使えるの?

これ、気になりますよね?

まずはじめに、外壁塗装を行った場合のお支払い方法を見てみましょう。

 

  • 工事完了後に現金で払う
  • 工事前と完了後の2回に分けて現金で払う
  • あなたがお持ちのクレジットカードで分割支払いする
  • 塗装業者が扱っている信販会社を利用する
  • 銀行のローンを使う

 

ざっくり、こんなお支払い方法が一般的だと思います。

この中でも現金で払うという場合は、まとまったお金を準備しておかないといけませんので、コツコツと貯蓄されていた方でないと簡単ではありません。

 

ということで、下の3つが現実的になってくるわけですが、それぞれの特徴がありますので、あなたの生活が楽になりそうに感じられる方法を見つけてもらいたいと思います。

 

(1)あなたがお持ちのクレジットカード

クレジットカードをお持ちなら、分割払いを使うという方法があります。ただこの方法は、クレジット会社によって使えるかどうか変わってきますので、前もって確認しておくことが必要です。

 

また、クレジット会社は施工を依頼する業者の信用調査を行うこともありますので、必ず使えるというものではありません。

 

そして、仮に使えたとしても分割手数料が割高なんです。最終的に支払った総額を合計すると、意外に高いこともありますので使う場合は要注意です。

 

(2)塗装業者が扱っている信販会社を利用する

これは手っ取り早い分割支払いの方法です。

分割払いの手続きなどは外壁塗装を依頼する業者がササッとやってくれるので、スムーズに分割払いをすることができるでしょう。

 

ただ、この方法も信販会社によって分割手数料が高かったり、金利が銀行でローンを組むより高い傾向にありますので、どれくらいの期間で返済できるのかを予測して計算しておきたいですね。

 

(3)銀行のローンを使う

これが一般的ですし、安心できる方法ではあります。

ただ、銀行のローンを使う場合には、現在住宅ローンを返済中なのかどうかがポイントになってきます。

 

もしあなたのお家が住宅ローンを返済中なら、まずは住宅ローンを利用している同じ金融機関に相談することが先決です。

 

というのも、住宅ローンの借り換えを行うことで外壁塗装費用を含んだローンに変更できる可能性があるからです。この方法が使えると金利が低くなることが多いので、あなたの負担も少なくなってくるでしょう。

 

 

相談したけれどダメだったという場合は、別の金融機関に相談してみてください。返済残高やこれまでの返済状況など審査されると思いますが、うまくいけば、残っている住宅ローンと外壁塗装費用を合わせて、金融機関を変更しローンの借り換えができる可能性もあります。

 

 

このようなことなので、外壁塗装をローンできるのかというと「できる」というのが答えになります。

 

2: 外壁塗装をローンで行うメリットとデメリット

ローンにはメリットとデメリットがあります。

 

■メリット

(1)家計が楽になる

まとまったお金を払わなくていいので、家計が楽になります。また、お金が貯まってからと考えてしまい、貯まるまでに外壁がボロボロになってしまうというようなこともなくなります。

 

(2)預金が減らないので安心

今の時代、昨日と同じように仕事があり、収入が約束されていることはありません。

そういった不安を誰もが持ちながら暮らしていると思います。そのため、万が一のときを考えると、預金をできるだけ減らしたくないという気持ちも強まるでしょう。

 

そういった場合には、毎月無理なく返済できる金額で、ローンを組むと預金が大きく減ることがありませんので、心の平穏を保ちながら暮らすことができます。

 

(3)外壁塗装と進学が重なった

こんな場合でも、お子さんの進学費用を優先することができます。

 

(4)長持ちする良い塗料を使いたい

こういった材料を使う場合、どうしても割高になってしまいます。でも、先々のことを考えると10年でやりなおすより、20年もってくれる方がいいなと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

このような悩ましいことも、ローンを使えば解決できます。

 

■デメリット

(1)金利分高い

ローンを使うと「金利」が発生します。

一括で払うなら必要ないお金をプラスしていることになります。

 

お金を預けても金利は0.01%くらいでほとんどプラスになりませんが、ローンを使うと支払総額で最低でも4%くらいは高くなります。

 

(2)使えるかどうかわからない

「ローンを使いたいです」と金融機関に言ったとしても「はいどうぞ」とお金を貸してはくれません。

あなたの返済状況や借り入れ状況を審査された上で可否がきまります。

 

(3)無計画に使うと返済できないことも

ローンは返済計画を立ててから使わないと、将来にまで影響を及ぼします。

例えば、次の外壁塗装の時期がやってきたけれど、前回の費用をまだ払っているとか、外壁塗装の費用を払っている上に、子供の進学費用が必要になってしまったとか、介護が必要になりバリアフリーリフォームをすることになったとか。

 

こういうことも起こりえます。

 

ローンは便利ですが、長期的なライフイベントを想定しながら無理のない返済計画を立てることが重要です。

 

3: 外壁塗装で支援が受けられるかも

必ず受けられるというものではありませんが、自治体によっては「リフォーム支援」を行っているところがあります。

 

お住まいの自治体に確認してみて、あなたのお家の外壁塗装工事が条件を満たしているのかチェックしてみましょう。

 

また、地元の外壁塗装業者なら地域に根付いているため、こういった情報を知っています。

 

4: 外壁塗装をローンで依頼するときの注意ポイント

はっきりいいまして、外壁塗装を考えているけれど費用の問題があって困っているという場合、まずは次の順序で考えてみてください。

 

そうするとお金で失敗することが減ってきます。

 

(1)まずは業者へ相談

できれば地元の業者へ外壁塗装について相談してください。

どれくらいの費用が必要なのか、きちんとした見積もりを見てみないと判断できません。

 

こういったことを何時間も、何日もかけてインターネットで調べても、あなたのお家と全く同じところはありませんので、見つけた費用は参考程度にしかなりません。

(2)返済中のローンを見つけよう

住宅ローンや車のローン。

それ以外にローンはないでしょうか?

 

一度、返済中のローンを洗い出してみてください。

そうすると、毎月どれくらいの返済をしているのかがわかりますので、外壁塗装でローンを組んだ場合に、安心して返済できる上限が見えてきます。

(3)未来予測しよう

5年後、10年後のライフプランやライフイベントを想定して予測しましょう。

 

いつくらいまでに外壁塗装のローンを払い終えないと困るのかがわかると、かなり具体的な資金準備や返済計画を立てることができます。

 

こういった少しの手間をかけることで、滞りなく返済しながら、いつまでも気持ちのよい状態で暮らしを続けることができるのです。

 

5: まとめ

外壁塗装とお金は切ってもきれません。ですから、今回お話しましたようにローンを使うというのも良い方法だと思います。

 

ただし、簡単に「ローンでいこう!」というのではなく、未来を予測した上で返済計画を立て、無理なく暮らせるかどうかを検討していただきたいと思います。

 

私たちは塗装業ですから仕事をいただきたいのはやまやまですが、外壁塗装を依頼いただいた後、あなたの暮らしの質が低下するのなら、施工した私たちとしてはあまり嬉しい状態ではありません。

 

ぜひ返済計画を立ててください。もし難しそうなら、私たちにご相談いただいても構いませんし、金融機関の窓口や、今はファイナンシャルプランナーという仕事の方もいらっしゃるので、そういったお金と暮らしの専門家に相談されるのもおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です